ひるまえ直送便 切花 青いバラ

 

今回は、青いバラを紹介いたします。

VR_MOVIE.mpg_000008603

珍しい青いバラを紹介いたします。

最近では、結婚式のブーケやブートニアなどに、とても人気です。


青といっても、さまざまな種類があります。

VR_MOVIE.mpg_000059755

薄い水色のバラと、濃い青色のバラです。

 

VR_MOVIE.mpg_000071106

次は、少し紫がかったバラです。

一つの花に薄い部分、濃い部分とグラデーションがあり、とても綺麗です。

 

ところで

この青いバラはどのように作っているのかというと・・・

たとえば、1輪の元々白いバラに染料を吸わせて青い色に染めています。

このように染めたバラは下のようなレインボーのバラにもできます。

VR_MOVIE.mpg_000107468

たとえば、4色のバラなら

写真のように茎の部分を4つに割って、それぞれ別の色を吸わせて虹色にしています。

VR_MOVIE.mpg_000135551

 

綺麗で、手間もかかっているので長く楽しんでいただきたいので、

ここで長く楽しむためのコツを紹介します。

コツは、水揚げ剤を使って長持ちさせよう!

水揚げ剤とは、

水の中のバクテリアを殺菌させたり、水の吸い上げを良くしてくれます。

使用すると、1週間ぐらいもつものが、10日~2週間ぐらい保つようになります。

お花屋さんやホームセンターなどで手に入るので、

是非使っていただいて、お花を長く楽しんでいただきたいと思います。



2017年6月7日

花満トップページ > > お知らせ > > ひるまえ直送便 切花 青いバラ
  • 買参人メニュー
  • 出荷者メニュー
  • 市況
  • 会社案内

facebookページはこちら

ムーンダスト

日持ち試験室受付について

屋内緑化コンテスト


カレンダーはこちら

花と緑のコンシェルジュ

イベント紹介hanamanブログおすすめ商品季節の花紹介産地情報買参人メニュー市況会社案内