お知らせ

NTT工事について

NTT工事のお知らせ

2017年7月3日

ひるまえ直送便 鉢物 あじさい

 

今回は、雨の時期にぴったりなあじさいをご紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000005087

あじさいの花言葉に「家族団らん」や「辛抱強い愛情」などがありますので、

最近では母の日の送りものなどに人気があります。

市場では、約30種類程度のあじさいがあります。


たくさんの種類がありますので、少し紹介します。

まず、タマアジサイです。

VR_MOVIE.mpg_000064269

花が大きく、きれいです。

タマアジサイの中でも、人気があるのが「万華鏡」という種類です。

VR_MOVIE.mpg_000072329

島根県で改良されて作られました。

花のふちどりが白く、ここ数年でとても人気のあじさいです。


次にガクアジサイです。

VR_MOVIE.mpg_000099720

ガクアジサイにも島根県のオリジナルのあじさいがあります。

VR_MOVIE.mpg_000108165

夜空の星のように、きれいに咲いています。


最後に育てるコツについて紹介します。

あじさいは・・・水をきらすべからずです!

あじさいは、水が大好きなお花なので、水を毎日あげてください。

毎日水をあげても、元気がない場合は・・・

バケツに水をはっていただいて、

そのまま鉢ごと水につけてあげてください。

VR_MOVIE.mpg_000170702

1時間置いてあげると、だいたい水があがってくるので、

花が上に向いてくると思います。

完全に水につけてあげることで、水圧で水を吸い上げるので

お花が元気になります。


しかし重要なポイントがあります。

先程紹介した「万華鏡」ですが・・・

VR_MOVIE.mpg_000224188

品種改良がしてあり、少し株が弱めのお花です。

ですので、万華鏡の場合は、少し水は控えめにあげる点が重要です。

2017年6月28日

全国高校生花いけバトル

 

花いけバトル01

 

「全国高校生花いけバトル栗林公園杯2017中国ブロック大会」に向けてのオリエンテーションが

6月17日(土)に花満オークションルームにて行われました。

その様子についてはココをクリックしてください。

.

2017年6月21日

ひるまえ直送便 切花 青いバラ

 

今回は、青いバラを紹介いたします。

VR_MOVIE.mpg_000008603

珍しい青いバラを紹介いたします。

最近では、結婚式のブーケやブートニアなどに、とても人気です。


青といっても、さまざまな種類があります。

VR_MOVIE.mpg_000059755

薄い水色のバラと、濃い青色のバラです。

 

VR_MOVIE.mpg_000071106

次は、少し紫がかったバラです。

一つの花に薄い部分、濃い部分とグラデーションがあり、とても綺麗です。

 

ところで

この青いバラはどのように作っているのかというと・・・

たとえば、1輪の元々白いバラに染料を吸わせて青い色に染めています。

このように染めたバラは下のようなレインボーのバラにもできます。

VR_MOVIE.mpg_000107468

たとえば、4色のバラなら

写真のように茎の部分を4つに割って、それぞれ別の色を吸わせて虹色にしています。

VR_MOVIE.mpg_000135551

 

綺麗で、手間もかかっているので長く楽しんでいただきたいので、

ここで長く楽しむためのコツを紹介します。

コツは、水揚げ剤を使って長持ちさせよう!

水揚げ剤とは、

水の中のバクテリアを殺菌させたり、水の吸い上げを良くしてくれます。

使用すると、1週間ぐらいもつものが、10日~2週間ぐらい保つようになります。

お花屋さんやホームセンターなどで手に入るので、

是非使っていただいて、お花を長く楽しんでいただきたいと思います。



2017年6月7日

広島花供養

2017年5月20日(土曜日)に広島市中区 中央公園内にある「花の精」の前で「広島花供養」が行われました。

DSC_0091

 

花供養とは「花」や「緑」を「生業」や「趣味」として生活している人々が年に1度、「花の精に感謝の気持ち表すため」に

毎年この時期に行われています。

今回で56回目の開催となります。

 

今年も昨年同様、晴天に恵まれました。

例年どおり広島護国神社さまに執り行っていただきました。

DSC_0105

花の業界関係者、生産者、販売生花店、卸流通業者だけでなく業界のためにいつもお世話になっている、

衆議院議員、県議会議員、市議会議員の先生や華道、学び、趣味で花や緑を愛する方々が集まって

花の精霊に感謝の気持ちを表しました。

DSC_0111

花は人の心を癒し、ストレスを軽減し、笑顔にさせてくれます。

このような機会に、花の精に感謝の気持ちを伝えたいと思います。

 

.

2017年5月22日

ひるまえ直送便 鉢物 胡蝶蘭

 

今回は、可愛く、さまざまな種類のある胡蝶蘭を紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000020401

 

胡蝶蘭といえば、お店の開店時に置くような豪華な胡蝶蘭から、

下の写真のように小ぶりなサイズの胡蝶蘭も人気です。

VR_MOVIE.mpg_000055076

小ぶりなサイズの胡蝶蘭はギフトなどにピッタリです。

ちょっとした手土産や、母の日の贈り物などに人気です。

入れ物など様々な種類があるので、

選ぶのも楽しんでもらえるのではないかと思います。

大きな胡蝶蘭に比べて、お値段もお手頃です。

1500円ぐらいから販売しているものもあります。


胡蝶蘭の育て方について、

プロの極意を紹介します。


ずばり、水やりの極意!


手に土がつかず、カラカラになるまで、待ちます。

VR_MOVIE.mpg_000129604

それが、実は水やりの極意です!

胡蝶蘭は、土を触って土がつかず、乾い状態まで待ったほうがいいそうです。


そして、あげる水の量は、根が水で湿る程度で大丈夫です。

胡蝶蘭は、東南アジア原産のお花で

あまり水をあげすぎると、根が腐って痛む可能性があります。

適度の量が、長持ちさせるポイントです。


もっと長持ちさせるためには

胡蝶蘭を置く場所もポイントです。

直射日光の当たらない

あたたかい場所に置いてあげるとさらに長持ちします。

VR_MOVIE.mpg_000200185

 

最後に、水耕栽培の胡蝶蘭も紹介します。

下の鉢の部分に水が入っていますので、

水が減ってきたらお水をあげてください。

VR_MOVIE.mpg_000220465

水の量がわかりやすく、初心者の方でも楽しんでもらえる胡蝶蘭です。


贈り物にピッタリの胡蝶蘭、

ぜひお店で見つけてみてください。


2017年5月10日

ひるまえ直送便 菊 切花

 

古くから親しまれている菊を紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000005726


いろいろな種類があるので、紹介します。

まずは、スプレータイプの菊を紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000076043

よくお花屋さんでみる菊だと思います。

スプレータイプとは、一つの茎から枝分かれしてたくさんお花がつくタイプの菊です。

黄色や白は定番ですが、

品種改良がされていますので、写真のように花びらの色が少し変わったものがあります。

他にはお花が大きいものや、花の枚数が多いものと変わった品種もあります。

VR_MOVIE.mpg_000087726

 

続いては、ポンポンタイプの菊です。

VR_MOVIE.mpg_000116579

丸く、とてもかわいい菊です。

名前によっては、セイマリアージュのように横文字の名前もついている菊もあります。

VR_MOVIE.mpg_000136515

洋花のようなので、結婚式などにも使われています。

花嫁のブーケなんかにも使われています。


洋風といえば、こちらの菊も洋風に見える菊です。

デコラタイプの菊になります。

VR_MOVIE.mpg_000159151

少し菊っぽくないですが、

花弁枚数も多く、水がもっと上がると花が大きくなり

見応えがある綺麗なお花です。

咲いていく様子も、楽しめるお花です。


最後にスパイダータイプの菊を紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000188820

花弁が筒状になっています。

アレンジや花束など、アクセントをつけるときなどに

利用してみるのはいかがでしょうか。


菊を長持ちさせるポイントをご紹介しておきます。

元々強いお花ですが、水に浸けるとき

水に葉っぱがつからないようにとってあげると長持ちします。

VR_MOVIE.mpg_000238179

 

最後にアレンジをご紹介します。

VR_MOVIE.mpg_000271555

葉は葉物を使用していますが、

葉以外は菊でアレンジをしています。

洋花っぽくみえますね。


様々な種類がある菊を

楽しんでみてはいかがでしょうか。


2017年5月2日

サーバーメンテナンスのお知らせ

サーバーメンテナンス

.

2017年4月25日

ゴールデンウィーク(GW)の銀行引落について

HP2

2017年4月24日

熊本復興支援について

熊本復興支援キャンペーン

昨年4月14日に発生した熊本地震がおいて、

未だ4万5千人以上の人が避難生活を余儀なくされています。

花満も市場と産地で連携している『西日本地区熊本研究会』に参加しています。

各市場においても、様々な復興フェアに取り組んでいますが、

本日(2017年4月17日)弊社花満も熊本県産の花を中心に販売させていただきました。

一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

 

80DSC_1205

                                           熊本復興支援画像

DSC_1208DSC_1203

 

DSC_1202DSC_1206

2017年4月17日

  • 買参人メニュー
  • 出荷者メニュー
  • 市況
  • 会社案内

facebookページはこちら

ムーンダスト

日持ち試験室受付について

屋内緑化コンテスト


カレンダーはこちら

花と緑のコンシェルジュ

イベント紹介hanamanブログおすすめ商品季節の花紹介産地情報買参人メニュー市況会社案内